脱毛でワキガが治る?

 

脱毛をすることで、「ワキガが治った!」また反対に「ワキガが悪化した!」という情報を良く見かけます。

 

脱毛でワキガが治るのか?についての結論を言ってしまうと

 

治りません!

 

じゃあどうして、「治った」「治らない」という情報が出てくるのか?について説明します。

 

脱毛とワキガの関係

 

ワキガの臭いは、アポクリン線からの汗を雑菌が分解すると発生します。※ワキガの原因の詳細についてはこちらのページの途中に記載しています。

 

 

ワキガが治ったと感じる理由

 

ワキガが治ったと思う理由の一つに、アポクリン線は毛穴とつながっていて、雑菌は毛根部分に繁殖しやすい傾向があります。なので、脱毛によって毛根がなくなれば雑菌も減るので、臭いも少なくなります。

 

もう一つは、電気凝固法で脱毛した場合で、ハリを毛穴にさして電気を流して毛根を焼いて脱毛する方法なのですが、先ほどの説明しましたが、アポクリン線は毛穴とつながっているので、アポクリン線の一部も焼けて小さくなるので、一時的に臭いが少なくなる可能性があります。

 

 

ワキガが悪化したと思う理由

 

はっきりとした理由はわかってないようですが、「脱毛することで、アポクリン線が刺激されて臭いが強くなってしまった」という意見と、脱毛しても毛穴はのこるので、その「毛穴に皮脂や垢が溜まって雑菌が繁殖して臭いが強くなった」という意見が有力のようですね。

 

また、脇をレーザー脱毛すると汗の量が増えて多汗症になる人が多くいるようです。単純に汗の量が増えると臭いが強くなるので、これも原因の一つだと思います。

 

 

どっちにしてもワキガは脱毛では治らない

 

ワキガは、生まれつきの体質なので、脱毛した位では治りません。ワキガの原因のアポクリン線がある限り、臭いの強弱はあるにしろ臭いの元は出続けます

 

解決策としては、「手術でアポクリン線を摂ってしまうか」、「デオドラントで臭いを抑えるか」、「気にせず周りにカミングアウト」して暮らすしかありません。

 

管理人は、カミングアウトする勇気はないし、手術は色々なリスクがあるので、デオドラントで臭いを抑えています。しっかりとワキガの効果のあるデオドラントを使えば、意外と臭いを抑えることが出来ます。

 

 

 

管理人と同じように気が小さく、安全かつ手軽に臭いを抑えたい人は、こちらをご覧ください。

 

悩みが解消するかもしれませんよ。